昔からテニスが好きで、休みになると知人や家族とよくテニス場へと足を運んでいました。 だけど、段々とラケットを持つほうの肘の関節に痛みを感じるようになりました。 最初はテニスが原因の関節痛だとは気づきませんでしたし、運動を続けることで筋力がつけば痛みが解消できると思っていました。 しかし、痛みは軽くはならずに強くなるばかりで、大好きなテニスも一時中断することになりました。 病院に行くと、テニスによって引き起こされた関節痛だと速やかに判断してくれて、今は安静にしながら関節に負担がかからないように肘まわりのストレッチなどをしています。 私の場合、そこまで深刻な関節痛ではなかったので良かったですが、逆にスポーツをすることによって関節が痛むことがあるのだなと驚きました。 もちろんスポーツには健康を増進する効果があると思いますが、一つの関節に負担がかかるスポーツをする時にはより注意をしないといけないのだなと思いました。 私も関節痛が軽快したら、これからはテニス以外のスポーツにも積極的に取り組んで、バランス良く様々な関節まわりの筋力を鍛えたいと思います。