私はお酒が大好き。父は下戸でしたから、おそらく母の遺伝子でしょう。「週に1日以上は休肝日」をモットーに、20歳から一貫して飲み続けてきました。 自分でおもしろいと思うのは、年代によってお酒の好みが変遷してきたことです。20代のころは、日本酒一辺倒でした。若かった私は背伸びして、「通」ぶっていたような気がします。銘柄にこだわったり、吟醸酒に舌鼓をうったり、今思うとイヤミな若造だったわけです。 それが、30代前半で、突然バーボン党に変身してしまったのです。何かきっかけがあったというわけではありません。日本酒に少し飽きたということもあったのでしょう。バーボンの独特の香りが好きになり、当時はやっていた「カフェバー」へ行っては、バーボンロックを注文したものです。 そのときも少し、かっこつけていたのだと思います。お酒の好みは変わっても、性格は変わらないということですね。 その後、ビールを主に飲んでいた時期があり、一時的にまた日本酒に戻り、そして今は大のワイン好きになりました。「赤ワインのポリフェノールは体に良い」と聞いて、積極的に飲むようになり、味そのものにハマったのです。 今回の変化はつまり、健康を意識してのこと。それだけ年をとったということでしょう。